寒い夜に美味しい、ホットワインの効果と美味しい作り方

赤ワインはポリフェノールが入っているので美容にいい!と飲んでいる女性もいると思います。

冬はホットにして飲んでみませんか?

身体の芯から温まりますし、ぐっすり眠れるようになるかも!?

美味しい作り方もご紹介しますね。

温かいワインにスパイスやフルーツを入れて

ホットワイン

ワインにフルーツやスパイスを入れた飲み物というと、サングリアが思い浮かぶかもしれません。

サングリアも美味しいですけど、それを温めたものだと思っていただければ良いでしょうか。

日本ではまだあまり知名度がないのですが、ドイツでは「グリューワイン」と呼ばれ、クリスマスの定番の飲み物なんですよ。

ちなみに英語では「モルドワイン」といいます。

赤ワインが主流

ホットワインというと赤ワインが主流です。でも私は白の方が好きなので、ここは好みでOKです。

入れるものによって期待できる効果が違う

ホットワインには、シナモンなどのスパイスと好みのフルーツを入れて飲みますが、入れるものによっても期待できる効果が違います。

  • シナモン:毛細血管を広げて血流を促進
  • ペッパー:血行促進、消化促進
  • スターアニス:消化促進、血行促進
  • はちみつ:殺菌効果、喉の痛み止め、咳止め
  • クローブ:殺菌効果

スパイスは血行を促進するものが多いですね。特に注目はシナモン!

毛細血管の流れが悪くなると「ゴースト血管」といって、段々血が通わなくなっていってしまうのですが、シナモンには毛細血管を広げて強化する働きがあるんです。

冷え性の方ほどホットワインで血行を促進して欲しいです。

果物は何でもいいのですが、ワインを飲みながらビタミン補給もできますね。

安いワインでも美味しくできる!ホットワインの作り方

ホットワイン

ホットワインを作る時は高級なワインは必要ありません。スーパーで売っている、1本500〜600円くらいのワインで十分ですよ。

基本の美味しいホットワインの作り方

それでは作りやすいレシピをご紹介します。

  1. 赤ワインカップ1を鍋に入れて、オレンジの輪切りとシナモンパウダー(またはスティッ
  2. ク)、はちみつスプーン1杯を加えます。
  3. 沸騰しない程度に温めてます。
  4. 茶こしなどでこして、カップかグラスに注ぎます。

スパイスとフルーツを入れて、温めてからこすだけ。簡単ですよね。

アルコールが苦手な人は

ワインはアルコール度数が高いので、そのままだと飲めないという人もいるでしょう。

その場合は、ワインを半分にして、水かジュースを加えて温めてみてください。

オレンジジュースは赤ワインと相性がいいと思います。

白ワインだったら、ジンジャーエールやレモンジュースがさっぱりして美味しいですよ!

桃のジュースは赤でも白でも美味しいです。

果物は何でもOK

果物は何でも好みのものでOKです。

基本の作り方ではオレンジをご紹介しましたが、レモンでもリンゴでも、ちょっと贅沢にするならイチゴもいいですね。

柑橘類は農薬が使われているものが多いので、皮をむくか、よく洗ってから使ってくださいね。

風邪予防にはリンゴもいいですね。

おすすめスパイス

スパイスは、シナモンやクローブが一般的ですが、

  • ジンジャー(生姜)
  • スターアニス(八角)
  • ペッパー(胡椒)
    などもおすすめです。

冷え性の方におすすめしたいのは、ジンジャー。なんといっても、使いやすいからです。

皆さん、冷蔵庫にチューブの生姜がありませんか?スライスの方が辛味は強くなりますが、チューブでも十分です。

もしくはパウダータイプですね。さっと一振りするだけなので簡単。

生姜は加熱するか乾燥させると成分に変化が生じます。

生姜に含まれる「ジンゲロール」という成分は加熱または乾燥させることで「ジンゲロン」「ショウガオール」という成分に変化します。

これが冷え性にいいんです。

生の生姜にはない成分なので、ホットワインならではの効果ですね。

参考:「ハーブティーもおすすすめ〜ジンジャーの効能。女性の大敵冷えを撃退」

体も心もぽかぽかに!ホットワインで冬の夜も楽しく過ごそう

ホットワイン

私は寒いのがとても苦手で、冬は本当に嫌いなんです。

毎日、早く春が来ないかなと首を長くして待っているのですが、それでもホットワインがあると多少は楽しくなります。

ホットワインは特に小難しい決まりもなく、好きなスパイス、フルーツを入れて温めるだけなので、気軽に楽しめますよ。

1日頑張ったご褒美に、寒い夜もホットワインでぽかぽかに過ごしてみてください。

ライター紹介

奈南有花アロマテラピーインストラクター&フリーライター

投稿者プロフィール

アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長
2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わり、「消えた年金問題」などで大変忙しい時期を過ごす。その時の経験も活かし、年金・社会保険については「真実」の情報発信をしている。
また肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、多方面の経験を生かした記事を書く「webライター」としても活躍中。
【専門分野】社会保険・年金の仕組み、手続等。アロマテラピー全般。美容・健康・食について

関連記事