これで気にならない!洗濯物の嫌な臭いや黄ばみを取る簡単な方法

梅雨の時期や秋の長雨など、天候の悪い日が続くと外に洗濯物が干せなくて、臭いが気になることがありませんか。

また、汗が染み込んだワイシャツは、洗っても脇の黄ばみが取れなくて困りますよね。

何かと気になる衣類のの臭いや黄ばみ。簡単な方法でとれるんですよ。

特別な道具を使わなくても、クリーニングに出さなくても、家で臭いや黄ばみを取る衣類のケア方法をご紹介します。

なぜ洗濯物が臭くなるのか

原因は雑菌臭です。洗濯物に入り込んで、洗濯の時に落としきれなかった菌が臭いの元。

つまり、その雑菌臭がし始めると、もう普通に洗っただけでは臭いが落ちなくなります。

熱湯などで殺菌しないと臭いが落ちません。

黄ばみの原因は

脇や襟周りの黄ばみの原因は皮脂の汚れです。

これも、普通の洗濯で落ちなかった皮脂汚れが、乾く時に酸素と触れ合うことで化学反応=酸化を起こし、変色するのです。

乾く時に酸化することは避けられないので、汚れを残さないということがとても大切になってきます。

洗濯物の臭いや黄ばみを取る方法

それではクリーニングに出さずに、家で洗濯物の臭いや黄ばみを取る方法をご紹介します。

煮洗いをする

煮洗いという方法をご存知でしょうか。

まさにその名の通り、洗濯物を煮ながら洗うのです。洗剤を入れるので、ただの煮沸消毒とは違います。

この方法ですと、部屋干しのニオイも気にならなくなりますし、臭いも黄ばみも同時に落とすことができます。

<用意するもの>

  • 大きなステンレス鍋(またはホーロー)
  • 粉石鹸
  • トングか菜箸

煮洗いに使うのは洗濯用の液体洗剤ではなく、粉石鹸です。粉石鹸のアルカリ成分で、鍋が黒ずんでしまうのでアルミ製の鍋は使わないでください。

煮た後に洗濯物を鍋から取り出すとき、お湯を含んだ洗濯物は意外と重いです。トングがあると便利でしょう。

<洗い方>

  1. お湯を沸かして粉石鹸を入れます。水1リットルに対して小さじ2くらいが適量です。
  2. 洗濯物を入れて煮ます。
  3. 洗濯機に移してすすぎをします。

粉石鹸は溶けにくいので、水から入れずにお湯が沸いてから入れますが、沸騰しているところに加えると吹きこぼれてしまって危ないです。

一旦火を止めてから粉石鹸を入れるようにしてください。

洗う時間は、ふきんなど小さなものなら5分くらい、シャツなどは20分くらいがいいでしょう。

そのまま部屋干ししても大丈夫ですが、天日でしっかり干せばダブルの効果で臭いや黄ばみが気にならなくなるでしょう。

素材に気をつけよう

洗ってもいい素材は綿か麻です。しわになりやすい化繊はやウールなどの繊細な素材は向いていません。

色物と混ぜない

煮洗いは本当によく落ちるので、色物と混ぜないようにしてください。

熱湯で予洗いをする

もし臭いだけを取りたい場合は、沸騰させたお湯で煮るだけでも十分です。

鍋にお湯を沸かして、5分くらい煮てください。

洗剤は入っていないので、黄ばみを落とす力は弱いようですが、汗をたくさんかいたときなどはこの方法で予洗いをし、それから普通に洗濯をすれば臭いが残らないですよ。

ただし、生地が傷む可能性があるので、繊細な生地の服には向いていない方法です。

50度以上のお湯で漂白する

普通に漂白してもなかなか黄ばみが落ちないと思いますが、それは温度に問題があるのです。

酸素系漂白剤は色柄ものにも使えて便利ですが、水ではその効果を発揮できません。

黄ばみを落としたいときは、鍋にお湯を沸かしていったん火を止め、そこに酸素系漂白剤を入れて洗濯物を漬け込みます。

鍋に蓋をして1時間くらい漬け込んでから普通に洗濯をすると、黄ばみもキレイに落ちますよ。

臭いや黄ばみがつかない工夫も必要!

湿度が高い時期はどうしても洗濯物が乾きにくく、雑菌が繁殖しがちです。

そんな時こそ、お湯で予洗いをしてから洗濯をするだけでも、臭いを予防できますし、定期的にお湯を使って漂白することで、黄ばみが定着するのを防ぐことが出来ます。

いつもの洗濯にちょっとひと手間かけておくと汚れを予防できますから、月に一回くらいやってみてください。

ライター紹介

関連記事

  1. お鍋を使った簡単で美味しいご飯の炊き方

  2. 忙しくてジムに通えなくても、室内で出来る簡単なダイエット方法

  3. カーペットにシミをつけてしまったときの対処法。原因別のシミの落とし方も

  4. 同棲が長続きする秘訣~仲のいいカップルはこんなことに気をつけている!

  5. どうやって除去するか?結露でカビが生えてしまったときの対処法

  6. これでぐっすり!睡眠の質を高める快適な寝室作りのヒント