リビング?玄関?場所別に観葉植物の適した置き場所を知りたい!

インテリアの一つとしても役に立つ観葉植物。家の中にグリーンがあると心も和みますよね。

ただ、観葉植物といっても大きさも種類も様々。観葉植物を買いたいけど、どこに置いたらいいのかなと置き場所に迷うことがありませんか?

今回は、観葉植物の種類別にどこに置くべきか、風水の効果なども考えながら適した置き場所について解説します。

観葉植物の適性を知ること

観葉植物には日当りを好むもの、日陰が好きなもの、暑さに強いものなど、それぞれの植物の適性というものがあります。

それを無視して、適さない場所に置いてしまうと枯れてしまうんです。

ですからまずは植物の特徴をしっかり知ることが必要です。それにあわせておく場所を考えていくのです。

場所別:おすすめの観葉植物はこれ!

それでは早速、育てやすい観葉植物のうち、どこに何を置いたらいいか、植物の特性と風水を踏まえて場所別にご紹介していきますね。

玄関は良い気が入ってくる場所

玄関は良い気の入ってくる入り口になるので、家の中でも特に重要な場所なんです。ですから、観葉植物も元気で勢いのあるものを置きたいですね。

ユッカ

とても種類の多い植物で、「青年の樹」という別名もあります。乾燥に強く、水やりを多少忘れても大丈夫なので、初心者にも育てやすい観葉植物です。

先が尖り、勢いよく伸びている葉がとても美しく、気分も上向きになります。仕事運アップにも良いそうですよ。

ストレリチア

その花の形から「極楽鳥花(ごくらくちょうか)」とも呼ばれる、とても美しい花をつける観葉植物です。

お花が好きな方なら、園芸店で1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

日の当たる明るい玄関に向いています。運気アップに良いといわれるストレリチアを置くと、玄関も華やかになります。

サンスベリア

別名「トラノオ」の通り、分厚く幅のある葉はトラのしっぽを連想させます。直接土から生えたようにも見えるサンスベリアは葉の模様の美しさから愛好家も多い観葉植物です。

暑さや乾燥には強いのですが、直射日光は苦手。明るい日陰が適しており、風水的には「鋭い陽の気」を出すとされているので、玄関にもピッタリなのです。

人が集まるリビング

人が集まる場所に適した観葉植物は、丸みがあって柔らかい雰囲気の葉を持つもの。尖ったものはあまり適していません。

アイビー

明るい日陰を好むので、日当りの悪いリビングでも大丈夫です。金運アップ、幸運をもたらすと言われているので、ついたくさん置きたくなってしまうかも!?

大きな鉢よりも、コンパクトは鉢をいくつか置いても可愛いですね。

ベンジャミン

日光は好きなのですが、直射日光には弱いので、カーテン越しに日が当たるようなところにおいてあげるといいですね。

幸福をもたらすとされていますし、風水的には下向きの葉が調和やリラックスに良いとされていますから、人が集まるリビングにはピッタリです。

パキラ

小さなものは10cmくらいからありますが、大きなものだと1メートルを超えるものも。リビングに置くなら、少し大きめのものの方がインパクトがあります。

気の流れを良くし、悪いエネルギーを鎮めてくれるといわれているので、リビングの角に置くと部屋の気の流れが良くなるでしょう。

リラックスする寝室

寝室は、玄関の次に大事だとされている場所です。それは、寝ている間に気を溜め込むため、ここに悪いエネルギーが満ちていると、活力を失ってしまうからです。

寝室はリラックスする場所ですから、「陽」の気を持つものよりも「陰」の気を持ったものの方が適しています。

モンステラ

ハート形の葉っぱが可愛らしいモンステラは女性にもとても人気があります。半日陰が好きで、日光が入らないところでも育つので、寝室にはピッタリ。

丸い葉のものは人間関係を良くするのにもいいのだとか。恋愛運や金運アップにも良いとされています。

ポトス

明るい半日陰でも育ちます。空気清浄効果もあるので、寝室の空気を綺麗にしてくれる効果も期待できます。

ポトスは種類の多い植物なので、品種の違うものを揃えるのも楽しいですよ。

アンスリウム

鮮やかな色の花をつけるアンスリウムも空気清浄効果に優れています。耐陰性もあるので、寝室の日陰でも大丈夫。

恋愛運、結婚運を高めるともいわれていますし、魔除けや厄よけの植物としても知られています。

置き方にも一工夫!

それぞれの置く場所が分かったら、置き方もちょっと工夫をしてみましょう。

部屋の隅には悪い気がたまりやすいと言われていますので、ここに観葉植物を置くと気の流れを良くしてくれるでしょう。

また、テレビなどの電化製品はホコリを溜め込みやすいですよね。ホコリがたまっているようなところにも悪い気が集まりますから、電化製品の近くに置くのもおすすめです。

適した場所を知って、上手に育てよう

当たり前のことですが、植物にも命があります。せっかく買ったのですから、枯らせることなく元気に育って欲しいですよね。

観葉植物を置くのに適した場所を知っておけば、お手入れもグンと楽になりますし、枯らせる危険も少なくなります。

これから観葉植物を買おうと思っている方は、今回ご紹介した場所を参考に、どんな風にレイアウトするかを考えてみてくださいね!

ライター紹介

奈南有花アロマテラピーインストラクター&フリーライター

投稿者プロフィール

アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長
2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わり、「消えた年金問題」などで大変忙しい時期を過ごす。その時の経験も活かし、年金・社会保険については「真実」の情報発信をしている。
また肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、多方面の経験を生かした記事を書く「webライター」としても活躍中。
【専門分野】社会保険・年金の仕組み、手続等。アロマテラピー全般。美容・健康・食について

関連記事

  1. ハンドクリームだけじゃない!ワセリンを徹底的に活用する便利な使い方

  2. 炊飯器でお米を炊くだけじゃもったいない!ここまで出来る、米以外の利用法

  3. フローリングのお手入れ方法。美しさを長持ちさせるには

  4. 面倒なトイレ掃除を簡単に済ませる方法。毎日の習慣でキレイを保つ

  5. エアコンの電気代を節約する方法〜季節に応じた対策を

  6. 胃にやさしい食べ物:コンビニ編!食材を選ぶポイントも