花粉症対策におススメの美味しいハーブティー7選

ハーブティーは薬ではないので花粉症を「治す」ことはできませんが、症状を軽くしたり、体質を改善していくサポートは出来ます。

でもハーブティーってちょっと苦手、という人もいるのではないでしょうか。美味しくないと続けられないですし、続けないと効果が期待できませんよね。

そこで、花粉症にはどのようなハーブティーがいいのか、私も実際に飲んでみて良かったもの&美味しいと思ったものだけを厳選してご紹介します。

花粉症に良い、おすすめハーブティー7選

花粉症 ハーブティー

薬は眠くなるし、なるべくなら飲まずにすませたい。そんな時におススメのハーブティーです。

1.カモミール

カモミールは主にローマン種とジャーマン種の2つがよく使われますが、お茶として飲まれるのはジャーマン種です。

ローマン種はやや苦味があるので、美味しく飲みたい人は「ジャーマン・カモミール」を選ぶようにしてください。

ほんのりリンゴのような甘い香りのあるカモミールはリラックス効果も高く、とても飲みやすいハーブティーの1つです。

抗アレルギー作用があり、辛い症状を和らげていきます。

はちみつやミルクと相性がいいですよ。

カモミールはキク科の植物なので、ブタクサやよもぎなどキク科の植物に対するアレルギーがある人は注意してください。

ちなみに私はブタクサアレルギーですが、カモミールを飲んでも大丈夫です。個人差があると思いますので、飲む時は少量から試すようにしてください。

2.ペパーミント

スッキリとしたクリアな香りのペパーミントティーは、特に鼻づまりが辛い時におススメのハーブティーです。

ミントに含まれるポリフェノールが鼻の粘膜の炎症を鎮めて、症状を和らげてくれます。

鼻をかみすぎて頭がぼーっとしてしまっている時にもいいですよ。気分をリフレッシュさせてくれます。

3.エルダーフラワー

インフルエンザの特効薬と呼ばれるハーブ。鼻水、鼻づまり、喉の痛みなど花粉症の症状全般によいとされています。

ほんのりと甘い香りで、とても飲みやすいハーブティーです。

4.ネトル

ネトルは抗アレルギー作用があるので、アレルギー体質を改善したい人におススメのハーブティーです。

ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれていて、貧血ぎみの方にも良いとされるハーブです。

普通のお茶のような味と香りで、とても飲みやすいです。

5.リコリス

漢方では「甘草(かんぞう)」として知られるリコリス。砂糖の50倍ともいわれる甘味があって、しかも低カロリーなので甘味料としても使われています。

抗アレルギー作用や抗炎症作用があり、鼻の粘膜の腫れや充血を鎮めてくれます。

単品で飲むより、他のハーブとブレンドして飲む方が飲みやすいでしょう。

6.エキナセア

抗ウィルス作用があって、身体の免疫力を高めるハーブです。北アメリカの先住民が古くから薬代わり使ってきた植物で、花粉シーズンの数ヶ月前から飲み始めることで、体質改善に役立つとされています。

くせがなく、そのままでも飲みやすいお茶ですが、他のハーブともとてもあわせやすい味と香りです。

ただし、長期間飲み続けると効果が薄れてしまうため、連続使用は最大8週間までとされています。

7.ルイボス

ルイボスは南アフリカ原産の植物で、強力な抗酸化作用を持っています。花粉の季節は体調不良でストレスがたまりますが、それによって体内に活性酸素が増えるとさらに症状が悪化します。

ルイボスティーの抗酸化作用で活性酸素を除去することで、花粉症の症状を和らげていきます。

干し草のようなほっとする香りでとても美味しいハーブティーです。

美味しいハーブティーの飲み方

花粉症 ハーブティー

ハーブティーは薬ではなくお茶なので、いつ飲んでもいいのですが、身体の中のその成分をずっとためておけるものではありません。

ですから、1日数回に分けてこまめに飲んだ方が効果的です。

ドライハーブを使って淹れる

1人分、お湯は150~180ml、茶葉はスプーン山盛り1杯です。

ティーポットに茶葉とお湯を入れ、5分ほど蒸らします。茶こしを使ってカップにお茶を注いでください。

ティーバッグでもOK

わざわざポットを用意するのが面倒なら、ティーバッグで手軽に楽しみましょう。

ハーブティーショップでは様々なハーブティーのティーバッグが売っています。

シングルのものもあればブレンドしたものも。花粉症用のブレンドもあるので、自分が美味しいと思えるものを探して、色々試してみるのも楽しいですよ。

ハーブティーは紅茶と違って時間をかけて蒸らしても渋くならないので、ティーカップにティーバッグを入れっ放しでも大丈夫です。

時間をかけて体質改善していきましょう

花粉症 ハーブティー

ハーブティーを飲み始めると、いつの間にか花粉症の症状が軽くなってきたかな?というような穏やかな効き目を感じることが出来るでしょう。

劇的に花粉症が治ることはありませんが、自然の力で徐々に体質を改善していくことはできます。

時間はかかりますが、穏やかな植物の力で花粉の季節でもストレスを感じないように、体質改善に取り組んでみませんか。

ライター紹介

奈南有花アロマテラピーインストラクター&フリーライター

投稿者プロフィール

アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長
2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わり、「消えた年金問題」などで大変忙しい時期を過ごす。その時の経験も活かし、年金・社会保険については「真実」の情報発信をしている。
また肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、多方面の経験を生かした記事を書く「webライター」としても活躍中。
【専門分野】社会保険・年金の仕組み、手続等。アロマテラピー全般。美容・健康・食について

関連記事

  1. 辛い時期を乗り越えるための花粉対策〜部屋の中の花粉を取り除こう

  2. 同棲が長続きする秘訣~仲のいいカップルはこんなことに気をつけている!

  3. 日焼けに大きく差がつくポイント!紫外線防止グッズの選び方・使い方。

  4. 初心者でもできる!多肉植物の育て方の基本を知ろう

  5. フラクトオリゴ糖と砂糖の違い〜食べるならどっちがいい?

  6. 狭い庭でもガーデニングを楽しもう!狭いスペースを上手に活用する方法