寒い部屋をお金をかけずに温めるための10の防寒対策

家に帰ると寒いし、すぐに部屋を暖めたい!夜は暖房を消して寝るので、朝すぐにあったかくなって欲しい!

エアコンをガンガンつけっ放しにするのは光熱費が気になりますから、なるべくなら低く抑えたいところ。

そこで、ちょっとした工夫でお金をかけずに部屋を暖める方法をご紹介したいと思います。

1.窓からの冷気を徹底してシャットアウト

いくら暖房をかけても窓からの冷気が入ってくると暖房効率も悪くなってしまいます。

窓と窓枠に、断熱シートを貼ることで窓からの冷気を防ぐことが出来ます。

断熱シートは100均でも売っていますし、包装材のプチプチも利用できますよ。最近100均で売っているプチプチは可愛い柄が入っているものも多く、インテリアとしても楽しめるものがあるので、是非探してみてください。

2.カーテンの長さにも注意

窓からの冷気はカーテンの下からも入ってくるんです。そこで、カーテンの長さにも注意してみてください。

ちょっとオーバーサイズのカーテンを使うだけでも寒さは変わってきます。

3.断冷カーテンを利用

新しく防寒できる分厚い生地のカーテンを買おうとする高いので、100均で売っている断冷カーテンを利用しましょう。

長さが結構あるので、窓の高さがある場合でも使いやすいと思います。

カーテンを取り付けるのが面倒な場合は、すきま風を防止するシートも100均に売っています。

4.フローリングは敷物でカバー

敷物といっても、高価なカーペットは必要ありません。床からの冷気をシャットアウトするには、コルクマットなどで十分です。

今は100均でもコルクマットを買うことが出来ます。部屋の広さや形に合わせて好きな枚数だけ買って、色々と組み合わせてみましょう。

もしラグなどがあれば、コルクマットの上に置けば完璧。床暖房がなくてもひんやりすることはありません。

ダンボールも利用

もし、カーペットはあるんだけど薄くて冷気を防げない、という場合はダンボールを下に敷いてみてください。

ダンボールは間に空気を挟んでいるので防寒効果にも優れています。

ダンボールならスーパーに行けばただでもらえますから、お金もかかりません。

5.サーキュレーターで空気を回す

朝起きてすぐに部屋を暖めたい!という時には、暖房をつけつつサーキュレーターで部屋の空気を循環させましょう。

普通に暖房をつけると部屋の上の方から先に温まり、座っている場所まで温まるまで時間がかかります。

上にいってしまった空気を回すことで、早く部屋が暖まります。扇風機があればそれでももちろん構いません。

6.すきま風をテープで防ぐ

一人暮らしのアパートだとあちこちから冷気が入ってくることも。すきま風を遮断してくれるテープを貼ることで部屋の密閉度をアップし、冷気を遮断しましょう。

7.ドアにも断熱シートを貼る

鉄製のドアなどは冷気の塊。ドアそのものが冷たくなってしまうので、玄関から冷気が入ってきます。

特にワンルームだとドアからの冷気を何とかしたいもの。

そこで、ドアにも断熱シートを貼りましょう。ドアの結露もなくなりますし、一石二鳥です。

8.暖房器具は窓辺に

エアコン以外の暖房器具がある人は、置く場所が悪くて部屋が暖まらないのかもしれません。

暖房器具は窓際に置くと暖房効果がアップします。冷気を防ぐ効果もあるので、置く位置を変えてみてください。

9.足首を温める

部屋が寒いからといってただ厚着をしても身体は温まりません。温かいと感じるためには3つの首を温めること。

  • 手首
  • 足首
    です。

ここは動脈が皮膚の近くにあるために、寒さを感じやすいところなのです。ですから、3つの首をカバーすることで、身体が冷えるのを防ぐことが出来ます。

中でも、足首は冷えを感じやすいですね。素足でいると部屋の冷気を感じやすくなると思います。

レッグウォーマーなどで足首からふくらはぎをしっかり覆っておくと寒さを感じにくいですよ。

10.部屋の湿度を上げる

空気中の水分量が多い方が空気は温かく感じます。カラッと晴れた日よりもじめじめと雨が降る日の方が暑く感じるのと同じです。

冬は特に湿度が下がりますので、部屋の湿度を上げるだけでも体感温度があがります。2~3度は温かくなるのではないでしょうか。

加湿器がなくても、

  • 部屋の中に洗濯物を干す
  • 浴室のドアを明けっ放しにする

など、一人暮らしでもお金をかけずに保湿する方法は色々あります。

徹底して冷気をシャットアウト!

今回ご紹介した方法をいくつか組み合わせれば、かなりの防寒対策になると思います。

どれが有効かは、あなたの部屋のどこの冷気が強いのかを探るのが大事ですね。窓はどの部屋でも冷気が強いとして、床が寒いのかドアから来る冷気が強いのか。

どこの冷気を防げば部屋の温度が上がるのか、それを探りつつ、色々な防寒対策を試してみてください。

ライター紹介

用賀不動産 株式会社ライズ・エステート代表取締役 伊澤 宏泰

投稿者プロフィール

用賀・桜新町周辺の事ならお任せください 。当社は、永年に渡り用賀の不動産会社にて勤めていた代表者が、オーナー様をはじめ色々な方の支援のもと、開業した不動産会社です。 当社のスタッフは、用賀を中心に永年従事したスタッフですので、地元ならではのお宝物件や街の事などもアドバイスいたします。

関連記事

  1. 野菜の冷凍保存のコツ。野菜別に適した方法が違う!

  2. やっかいなプラスチックの黄ばみの原因と簡単な取り方

  3. これで毎日快適に!夏の涼しいインテリアを作るポイント

  4. 一人暮らしでも狭くても楽しめる、バルコニー活用術

  5. 毎日使いたくなる!おしゃれな日焼け防止グッズの選び方

  6. お金がなくても休日は楽しめる!節約しても楽しい休日の過ごし方