一人暮らしが寂しい、辛い。ホームシックの解消法

希望に胸を膨らませて一人暮らしをスタートさせたのに、寂しくて仕方ない。ホームシックにかかって辛い思いをしている方もいるのではないでしょうか。

一人でも寂しくならないように、ホームシックの原因や解消法についてご紹介します。一人の時間が少しでも楽しく過ごせるようになれば幸いです。

一人暮らしあるある!ホームシックの原因

ホームシックというと、海外に長期間行った時などにかかりそうなものですが、一人暮らしを始めた時にも襲われることがあります。

大学に入学したり、社会人になった時に一人暮らしを始めたことがきっかけで、ホームシックにかかる人も多いのです。

不慣れな環境

住む環境がガラッと変わると、慣れるのに少し時間がかかる場合があります。

例えば、少しでも職場の近くに住んだ方がいいと、実家彼それほど遠くない場所で一人暮らしを始めたのなら、いつでも帰ることができるという気持ちもあるので、それほどホームシックにはかかりづらいでしょう。

しかし、東京から北海道とか、福岡から東京など、すぐには帰れないほど遠くに引っ越したような場合は、「すぐに帰れない」という気持ちがホームシックに拍車をかけます。

友達、知り合いがいない

近くに友達や知り合いがいないと、休日になっても一緒に遊ぶ人がいない、楽しく過ごせる相手がいないということで、寂しさが募ってきます。

家族と離れた寂しさ

これまでずっと家族と過ごして来たのに、急に一人になってしまうとそれは寂しいですね。

家に帰っても「おかえり」と言ってくれる人もいないし、ごはんを作って待ってくれている人もいない。

家族と仲が良かった人ほど、一人の寂しさが辛く、身に沁みるでしょう。

ホームシックの解消法

ホームシックは何年も続くものではありませんが、我慢できない、今この寂しさを何とかしたい!と思いますよね。

ホームシックの解消法をいくつかご紹介しますので、試してみてください。

友達に連絡をする

今近くに友達がいなくても、地元の友達と連絡をとることはできるでしょう。

メールやLINEで連絡をして、少し話をすれば寂しさも紛れると思います。

帰省して気分転換をする

どのくらいの距離があるかにもよりますが、もし帰ることができるなら、実家に帰省して家族と楽しい時間を過ごせば、元気が出るのではないでしょうか。

新しい友達を作る

学校や会社でもいいし、サークルなどに参加するのもいいでしょう。

最近では社会人向けの趣味のサークルも増えています。仕事がらみの人とプライベートではあまり接触したくないという人もいると思うので、そういう人は外で知り合いを作るといいですね。

趣味など好きなことに没頭する

そうそう実家には帰れない、友達を作るのも苦手という人は、自分が楽しいと思えることや趣味に没頭しましょう。

好きなことをしているうちは、寂しさを感じないと思います。

寂しいという感情に蓋をしない

寂しい時は寂しいといい、泣きたいなら泣きましょう。無理して我慢して、楽しくないのに楽しそうにしていると、心が歪んでしまいます。ひどい場合は、うつになってしまうかも知れません。

思い切り涙を流すとセロトニンという神経伝達物質が分泌されます。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれているのですが、号泣すると気持ちがすっきりするのはセロトニンのおかげなのです。

また、脳内麻薬と呼ばれるエンドルフィンも分泌されるので、泣くだけで気持ちが落ち着いてくるでしょう。

辛い時は我慢しないでたくさん泣いた方がいいのです。

たくさん笑う

お笑い番組やコメディー映画など楽しいものを見るのもおすすめです。

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだという言葉もありますね。

無理に笑おうとしても笑えないと思いますが、楽しい番組などを見ると自然と笑えるようになるのではないでしょうか。

時間が経てば、ある程度は解消できる

では、ホームシックはいつまで続くのでしょうか。

まず、ホームシックにかかる時期は、一人暮らしを始めてからだいたい1ヶ月以内が多いようです。

そして時間の経過とともに解消されることも多く、それも1ヶ月程度で自然と感じなくなっていくパターンが多いです。

最初のうちは初めての一人暮らしで不慣れなことも多く、うまくいかない寂しさからホームシックにかかった人も、段々と新しい生活に慣れていくので自然と解消できるのでしょう。

ですから、友達を作らないといけない!と焦る必要もないし、ホームシックにかかる自分がいけないと思う必要もありません。

大丈夫、時間が解決してくれる。このくらいのおおらかな気持ちでいましょう。

ホームシックは自立のチャンス!

ホームシックにかかるということは、これまでの生活がとても快適だったからですよね。

慣れない環境で寂しさを感じるというのは誰でもあることですが、帰りたい、帰りたいと強く思うのであれば、精神的に自立できていないのかもしれません。

ということは、これがいいチャンスです。ホームシックを克服すればひと回り大きくなれます。

新しい環境に馴染む強さを身につけ、新しい友人や趣味を見つけてどんどん自分の世界を広げていってください。

ライター紹介

奈南有花アロマテラピーインストラクター&フリーライター

投稿者プロフィール

アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長
2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わり、「消えた年金問題」などで大変忙しい時期を過ごす。その時の経験も活かし、年金・社会保険については「真実」の情報発信をしている。
また肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、多方面の経験を生かした記事を書く「webライター」としても活躍中。
【専門分野】社会保険・年金の仕組み、手続等。アロマテラピー全般。美容・健康・食について

関連記事

  1. 6帖ワンルームでもインテリアを楽しみたい!一人暮らしの部屋をもっと快適に

  2. 冬の窓の結露を防止する対策〜オススメグッズもご紹介

  3. 忙しくてジムに通えなくても、室内で出来る簡単なダイエット方法

  4. 睡眠の姿勢で一番疲れないのは?横向き、仰向け、どれが最適?

  5. 同棲が長続きする秘訣~仲のいいカップルはこんなことに気をつけている!

  6. 胃にやさしい食べ物:コンビニ編!食材を選ぶポイントも