食べ方に気をつければ痩せる!アボカドダイエットでデトックスも同時に

アボカドなんて高カロリーなものを食べて痩せられるの!?と思うかもしれないですね。

でも、アボカドには栄養がたっぷり。食べる量にさえ気をつければ、ダイエットも出来てしまうんです。

女性が大好きなアボカドですが、なぜアボカドでダイエットできるのか、その効果と成功するための秘訣についてお話しします。

美味しい食べ方や飽きないレシピもご紹介するので、ぜひ試してみてください。

なぜアボカドでやせるの?アボカドダイエットの効果

アボカドは別名「森のバター」とも呼ばれますね。それだけカロリーも高いのですが、なぜアボカドでダイエット出来るのでしょうか。

満腹感が得られる

アボカドは1個の重量が結構ありますよね。手に持ってみるとずっしり重い。

このアボカドを「食前」に食べてお腹を一杯にするんです。そうすると、自然にご飯の量が減ってダイエットで着る、というわけです。

先にアボカドを食べておけばお腹が一杯でご飯がそんなに入りません。無理して減らしているのではなく、お腹が空いていないのですから、無理なく続けられる方法なのです。

カロリーの秘密は「不飽和脂肪酸」だから

アボカドのカロリーは1個でおよそ200kcal。ご飯1膳分が250kcalくらいであることを考えたら、結構なカロリーです。

でもその数値だけに惑わされてはいけません。たしかにアボカドのカロリーが高いのは「脂質」が高いからなのですが、その脂質は身体にいいとされる「不飽和脂肪酸」なのです。

不飽和脂肪酸は取りすぎなければ、

  • 悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす
  • 動脈硬化を防ぐ
  • 脂肪をつきにくくする

などの働きが期待できるんです。

脂質=悪、ではなくて、その質が大事なんですね。

食物繊維でデトックス

アボカドにあまり食物繊維のイメージはないかも知れませんが、実は不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

不溶性食物繊維はお腹の中で水分を吸収しながらかさを増し、腸の仲の余計なものをからめとりながら出ていってくれます。

老廃物や便を排出しやすくして、腸内環境を整えてくれるんですね。お腹の中からキレイになれます。

しかも多めの水分と一緒に摂ることで胃の中で膨らみますから、満腹感を得るのにも最適。ダイエットにはもってこいの食材だったんですね。

カリウムでむくみも解消

アボカドにはカリウムも豊富に含まれています。カリウムは余分な塩分などを排出しやすくするミネラルですから、足のむくみなどが気になる方に是非取って欲しい栄養素。

むくみを解消すれば巡りの良い身体作りができるので、太りにくくなりますよ。

血糖値が上がりにくい

食物繊維が豊富ということは、血糖値が上がりにくいというメリットもあります。血糖値はあまり急激に上がると、下がるのも急になってしまいます。

血糖値が下がると私たちの脳は「お腹が空いた」と感じてしまうため、実際にはお腹の中が空になっていなくても何か食べたくなってしまうんです。

でも血糖値の上昇が緩やかなら、低下するのも緩やか。だから「お腹が空いた」と感じにくくなる=満腹感が持続しやすいのです。

アボカドダイエットの正しいやり方

アボカドダイエットは「食べれば痩せる」というものではないので気をつけましょう。

食前にアボカドを食べる

食事と一緒ではなくて、食前にアボカドを食べます。

量は、1個もしくは1/2個。多くても1個までにしておきます。1度に1個食べる必要はなくて、昼食で1/2個、夕食で1/2個とわけても大丈夫です。

よく噛んで食べる

アボカドは歯ごたえのない食べ物ですが、お腹を一杯にするために食べるので、良く噛んで食べるようにしてください。

1口30回は噛んで、一口ごとに箸を置き、ゆっくり食べるようにすれば1/2個でもそれなりに満足く考えられると思います。

アボカドを食べた分のカロリーは調整する

せっかくアボカドを食べたのに、いつも通りにご飯を食べたら意味がありません。

主食を減らすか、もしくは同じ脂質の高いおかずを減らしてみてください。

そうすると1日の総摂取カロリーを無理なく減らすことが出来るでしょう。

アボカド茶を作って飲む

ちょっとひと手間かかりますが、種を煮出してお茶を作ります。アボカドの種を使ったお茶は水溶性食物繊維が豊富で、腸内環境を整えるのに役立ちます。

  1. アボカドの種を1cm幅にスライスします。
  2. 1リットルの水に種を入れて、30分ほど煮出して出来上がり。

アボカドの種はちょっとヌルヌルしているので、切る時にケガをしないように注意してくださいね。

アボカド茶の口コミを見るとあんまり美味しくないようですが、便秘解消には良さそうですよ。

飽きずに続けよう、アボカドのおいしい食べ方

飽きずに続けるのがダイエットの成功のコツ。アボカドを美味しく食べるためのレシピなどをご紹介します。

さっぱりわさび醤油で

カロリーを気にする方は、わさび醤油でさっぱり食べてはいかがでしょう。やや硬めのアボカドがおいしいです。

ごま油+塩

レバ刺しの代わりになると一時期話題になった食べ方です。ごま油に塩を加えたたれにつけて頂きます。

完熟のアボカドがおすすめです。

バターの代わりにパンにつける

柔らかくなったアボカドは、少し実を崩してオリーブオイルと塩を少々加えます。よくかき混ぜて、バターのようにしてパンに塗って食べます。

バターを使うよりはコレステロールが低いので、朝やお昼に食べたい人にオススメの食べ方です。

卵を入れて食べる

半分に切って種を抜いた穴に卵を割り入れます。

そのままオーブンで5分ほど焼いたら出来上がり。好みで表面に塩をふるか、醤油をたらして混ぜて食べて下さい。

タンパク質も同時に摂れる食べ方です。

2〜3ヶ月かけてやってみよう!

アボカドダイエットは急激に体重が落ちるようなダイエットではありません。基本は食前に食べることで、他の食事のカロリーを少しずつ減らしてくことで痩せられるという方法です。

ですから、短期間で結果を出そうと焦るのではなく、2〜3ヶ月かけてゆっくり痩せていこうという気持ちが大事です。

効果を実感できるまで少し時間がかかるかもしれませんが、諦めずに気長に続けていきましょう!

ライター紹介

奈南有花アロマテラピーインストラクター&フリーライター

投稿者プロフィール

アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長
2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わり、「消えた年金問題」などで大変忙しい時期を過ごす。その時の経験も活かし、年金・社会保険については「真実」の情報発信をしている。
また肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、多方面の経験を生かした記事を書く「webライター」としても活躍中。
【専門分野】社会保険・年金の仕組み、手続等。アロマテラピー全般。美容・健康・食について

関連記事

  1. 玄関の収納アイデア〜狭い賃貸の玄関でも諦めない!

  2. これで気にならない!洗濯物の嫌な臭いや黄ばみを取る簡単な方法

  3. 部屋干しの臭いを何とかしたい!その原因と対策は?

  4. リビング?玄関?場所別に観葉植物の適した置き場所を知りたい!

  5. ハンドクリームだけじゃない!ワセリンを徹底的に活用する便利な使い方

  6. 重曹とクエン酸でトイレ掃除も楽々!黄ばみや黒ずみもスッキリきれい