実を楽しむだけじゃない、ワイルドストロベリーのハーブティーの効能

「幸せを呼ぶハーブ」という別名もある、ワイルドストロベリー。

初心者でも育てやすいハーブで、実を食べるだけでなく葉っぱをお茶として楽しむことが出来ます。

ワイルドストロベリーにはどのような効能が期待できるのか、飲み方などもあわせてご紹介します。

ワイルドストロベリーのプルフィール

ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーは実ももちろん食べられますし、葉っぱはお茶に利用できるとても便利なハーブです。

育てるのも簡単で、たくさん実がなればジャムにすることも出来ますね。

赤い実だけでなく、白や淡い黄色の実もあります。開花期間も長いので、1年を通して長く楽しめるハーブです。

ヨーロッパから日本に入ってきたのは明治頃で、北海道では野生化しました。エゾヘビイチゴと呼ばれています。

ちなみに関東でみられるヘビイチゴとは種類が違います。

幸運の象徴

ヨーロッパでは幸運を運んでくるハーブだといわれており、恋愛成就のために育てている人もいるのだとか。

以前日本でも、テレビで「幸運を呼ぶハーブ」と紹介されて、やたらと売れた時期がありますね。

大事に育てて実がつくと幸せになれるんだそうですが、あまり水をやりすぎると根が腐ってしまうので注意が必要です。

枯らしてしまったら幸せになれない・・・なんてことはないのでご安心ください。

ワイルドストロベリーの効能

ワイルドストロベリー

可愛らしい見た目とは違い、ヨーロッパでは茎や根が薬として使われていたこともあるほど、薬効の高いハーブです。

ビタミンやミネラルが豊富

特に鉄分が豊富。鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収がよくなるといわれていますが、ワイルドストロベリーはビタミンCも豊富なので、鉄分補給にはもってこいです。

女性は貧血ぎみの人が多いので、積極的に飲んで欲しいですね。低血圧の人は朝からワイルドストロベリーのお茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

腎臓や肝臓の機能向上

腎臓の機能を高めて余分な水分を排出しやすくしたり、肝臓の機能を高め、デトックスにも役立ちます。

身体の巡りを良くすることにも役立つので、ダイエットにもいいかもしれないですね。

お腹の調子を整える

ワイルドストロベリーにはペクチン(水溶性食物繊維)が含まれているので、便秘ぎみの人はお腹の中からスッキリ出来ます。

葉だけでなく茎も含めて、昔から下痢止めとしても使われてきました。お腹がゆるめの人の調子を整えるのにも役に立つでしょう。

解熱効果

身体を冷やす効果があるので、熱が出ている時に飲むといいとされています。

美肌効果

ワイルドストロベリーはポリフェノールもたっぷり。ビタミンCとともに、肌の調子を整えるのにも役立ちます。

活性酸素を除去してくれるので、年齢を感じ始めたお肌のケアにもいいですよ。

ワイルドストロベリーの美味しい飲み方

ワイルドストロベリー

ベリー系のハーブティーはクセもなく飲みやすいものが多いですが、ワイルドストロベリーもとても美味しいハーブティーです。

1人分はティースプーンにハーブを2杯ティーポットに入れて、お湯を150~180ml注いで作ります。

5分ほど蒸らしてからカップに注ぎます。

紅茶とブレンドしても美味しい

イチゴの香りはしませんが、くせのないお茶。それでもハーブティーが苦手という人は、紅茶とのブレンドがおすすめです。

特に風邪気味の時には、紅茶の殺菌作用とワイルドストロベリーの浄化作用で、身体の中からスッキリしますよ。

他の飲みにくいお茶とブレンドするのもおすすめ

薬効は高いんだけれど、香りがどうにも苦手というハーブがあれば、ワイルドストロベリーをブレンド要員として使うことで飲みやすくなります。

実も葉っぱも楽しもう!

ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーは育てるのも簡単なハーブです。鉢植えでも地植えでもどちらでもOK。

自分で育てれば実もお茶も楽しめます。

健康にも美容にもいいお茶なので、毎日のティータイムに楽しんでみてください。

ライター紹介

奈南有花アロマテラピーインストラクター&フリーライター

投稿者プロフィール

アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長
2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わり、「消えた年金問題」などで大変忙しい時期を過ごす。その時の経験も活かし、年金・社会保険については「真実」の情報発信をしている。
また肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、多方面の経験を生かした記事を書く「webライター」としても活躍中。
【専門分野】社会保険・年金の仕組み、手続等。アロマテラピー全般。美容・健康・食について

関連記事