あなたは大丈夫?30代に忍び寄る、スマホ焼け&スマホ下がり肌

スマホに関する新しい言葉はたくさん作られていますが、酒焼けならぬスマホ焼けは聞いたことがあるものの、スマホ下がり肌という美容に関する新しい言葉が出てきました。

特にアラサーの女性に多いといわれるこれらの症状はどのようなものなのか、あなたは大丈夫か、チェックしてみてくださいね。

あなたはスマホ中毒ですか?

スマホ下がり肌

化粧品メーカーのファンケルが行ったアンケートで、このような質問があったそうです。

  • 自分がスマホ中毒だと感じるか
  • 食事をしている時にスマホのチェックをするか
  • 外出後にスマホを忘れたと気づいたら取りに戻るか

いかがですか?

ちなみに私は、どれにも当てはまりません。スマホは仕事柄必要なものではありますが、多分なければないで、困らないと思っています。

20〜60代の女性500名を対象に行われたアンケートだそうですが、どの質問にも「YES」と答えた割合が一番多かったのは、アラサー世代だそうです。

スマホ焼けならぬ、スマホ下がり肌とは

スマホ焼けとは、スマホのブルーライトを浴びることで紫外線を浴びているのと同じような状態になり、肌が乾燥したり、色素沈着が起こることをいいますが、スマホ下がり肌も同じようなものです。

スマホを長時間見続けていることで、

  • 肌が乾燥して潤いが低下
  • 肌の透明感がなくなる
  • 肌がくすみがち
  • メイクのノリが悪い

などの悩みが出ている状態です。

特に寝る前のスマホがいけないみたいですね。

すっぴんの状態で紫外線に近いものを浴び続けているわけですから、いくら日中日焼け止めを塗っても意味がありません。

スマホ焼け、スマホ下がり肌を予防するには

スマホ 下がり肌

スマホを見ていて肌の老化に拍車がかかるなんて、もったいないと思いませんか。

スマホ焼けやスマホ下がり肌を予防するにはどうすればいいのでしょうか。

ブルーライトをカットする保護フィルムをつける

目を守るためにはブルーライトをカットする眼鏡などがありますが、顔全体を守るにはそれではたりません。

ですから、スマホにブルーライトをカットする保護フィルムをつけましょう。

アプリを使う

ブルーライトをカットするアプリというのもあります。

有料板、無料板とありますが、最初は画面が見づらいと感じるものの、慣れてくると銅ってことはないと感じている人が多いようですね。

iPhoneの場合は、iOS9.3以降はブルーライトをカット出来る機能がついているそうです。

寝る前のスマホは短い時間で

日中のスマホもあまり至近距離で見ないような工夫が必要ですが、メイクを落とした後はさらに危険が増します。

夜のスマホは時間を短くするなどブルーライトを浴びる時間を少なくした方がいいでしょう。

スマホに依存しない生活を

スマホが手放せないという人も多いと思います。電車に乗ると、目の前に座った人がみんな同じ姿勢でスマホを見ている、というのもちょっと異様な光景だと感じてしまいます。

もちろん、今更スマホなしの生活なんて考えられませんから、スマホをやめようというつもりはありません。

でも、「依存症」「中毒」といわれるほど使い込むのは、お肌のためだけでなく、精神的にもよくない気がします。

それよりは、寝る前に本を読むとか、軽いストレッチをするとか、何か自分にプラスになることをやってみませんか。

ライター紹介

奈南有花アロマテラピーインストラクター&フリーライター

投稿者プロフィール

アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長
2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わり、「消えた年金問題」などで大変忙しい時期を過ごす。その時の経験も活かし、年金・社会保険については「真実」の情報発信をしている。
また肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、多方面の経験を生かした記事を書く「webライター」としても活躍中。
【専門分野】社会保険・年金の仕組み、手続等。アロマテラピー全般。美容・健康・食について

関連記事