【賃貸ケース別アドバイス】法人の賃貸契約

賃貸契約には個人で行う契約の他にお勤めの会社名義で行う法人契約というものがあります。

個人契約と異なり法人契約の場合は必要書類や連帯保証人など、手続きが会社の規模によって違ってきます。

その分類をあえて分けるならば大手(上場)企業・中小企業、それに個人事業となります。

まず、大手企業の場合はほとんどが社内に借り上げ社宅を管理する部署と専属の担当者がいます。ですからお部屋探しに入居者本人が関わる、関わらないに限らず、お部屋が決まったらその担当者と不動産屋さんが直接お話を進めることになります。したがってご本人は、会社の概要(所在地・職種・事業内容など)と社内の担当者名を不動産屋さんに持参する必要があります。

あと、会社によって社宅の諸条件(家賃上限・家賃負担割合・契約内容の一部追加及び変更等)が決まっている場合がありますので、必ず事前に不動産屋さんに伝えておくことが必要です。大手の場合は会社謄本や連帯保証人が要らない場合が多く入居審査も楽なので、提示条件に合った物件があれば「ラッキー」って感じでした。

特によく言う「堅いお勤めの方」は入居審査もラクラクなのです。

先程、企業の分類を3通りに分けましたが、要は誰もが知っているような会社は審査も心配なしという現実があるのは否めません。

一方それ以外の企業、特に個人事業の方は、法人名義であっても個人名義であっても厳しい審査になります。公的証明が必要なので毎年確定申告をしていないとまず審査の土俵にも上がれないのです。
確定申告で出来るだけ税金を押さえようと利益を極力少なく申告しようとすれば、入居審査が厳しくなるなど悩ましいことになってしまいます。

上場企業等よほどの大手でない限りは、会社謄本や確定申告書類、連帯保証人(事業主本人がなることが多い)はもちろん、最近では会社の存在などを確認するためにインターネットに公開してあるホームページのコピーを添付する場合もあります。ですから中にはドメイン登録してあるか(独自ドメインのサイトの有無)どうかなんてのも審査対象になるかもしれませんね。

ライター紹介

shioGサイトオーナー兼ライター

投稿者プロフィール

当サイト運営会社の代表
ヤマハにて半導体検査コンピュータのプログラマーをしていたが、芸能界に興味を持ち上京。芸能マネージャーとして安室奈美恵・MAXらの現場を担当。その後保険業界に転職。代理店資格を取得するも不動産業界へ再転職後、しばらくして仲間数人と不動産会社を立ち上げて独立。集客方法を模索しているうちにインターネットの可能性に惹かれはじめ、遂には本業に。2005年にネット系の会社を立ち上げ現在に至る。筆者の記事はすべて自身の経験に基づいた事実・見解を述べている。

関連記事

  1. 【賃貸業界裏話】賃貸契約時の仲介手数料の仕組みと行方

  2. 【しつこい!保険の勧誘】3つの上手な断り方と絶対やってはいけない…

  3. アロマ講師がおすすめする、タイプ別ダイエットに役立つアロマ

  4. 一度は食べたい「幻の豚肉 千代幻豚」その希少性と購入方法を説明し…

  5. ユーカリレモンの効能〜虫除けには効果絶大のレモンの香りのアロマ

  6. 【賃貸業界裏話】必見!先物物件と流通物件を詳しく解説します

  7. アロマと風水の関係〜香りのパワーで運気もアップ!

  8. 注目の植物ミルク。ヘーゼルナッツミルクの栄養効果や作り方

  9. 【プロに聞いた】生パスタ3種の選び方と美味しい茹で方のポイント

  10. 【世田谷ミートカルボ】何度でも食べたくなる「生パスタ専門店カレ…

  1. 【賃貸Q&A】部屋がカビだらけで出るときに費用を請求されないか不…

  2. 【賃貸Q&A】入居のタイミングと日割り家賃

  3. 【賃貸Q&A】入社間もない派遣社員の賃貸契約とクレジット契約

  4. 【賃貸Q&A】契約の前に契約金を振り込むよう言われた

  5. 【賃貸Q&A】訳ありのお部屋探し

  6. 【賃貸Q&A】賃貸契約直前に一方的にキャンセルされた。その時不動…

  7. 【賃貸Q&A】ペット可・保証人なしのお部屋探しって可能?

  8. 【賃貸Q&A】保証人の書類を不動産屋さんに直送するのが不安です。

  9. 【賃貸Q&A】月給12万の派遣社員の入居審査は通るか?

  10. 【賃貸Q&A】個人事業主の入居審査について

おいでよわが街 地域版