アラサー女子が婚活を成功させるための7つのポイント〜内面の美しさが大事!

30代からでも遅くはない、婚活を成功させるためのポイントとは?20代とは違う、30代の「大人の女性」ならではの魅力を引き立たせるにはどうすればいいか、男性がアラサー女子に求める7つのポイントをご紹介します。

自立していること

精神的にはもちろん、経済的にも自立していることは大切です。自立といっても色々な意味がありますが、なんでも相手にしてもらおうと思わないこと。もう子どもではないのですから、相手に求めるばかりではなく、自分からも何かをしてあげる、ギブアンドテイクの関係を築けることが大事です。

相手を束縛しない

メールの返事が来ない、会う時間が少ないなど相手を束縛するようなことばかり言っていると男性は逃げていきます。

逆にかまって欲しいと男性に思わせるくらい、自分の時間を大切にしているのが大人の女性です。

あなたがいないとダメなの、はダメ

相手に依存する恋愛はうまくいきません。お互いの関係を大事にしながらも、適度な距離感を保てるのが大人です。この人がないと生きていく意味がない、と思うような恋愛は依存です。相手はだんだんと重く感じるようになり、離れていくでしょう。

仕事とプライベートのバランスがとれていること

仕事をがんばっている女性は素敵です。しかし、プライベートな時間も持てないほど仕事一辺倒になるのでは、逆に仕事ができない人間だと思われてしまうかもしれません。

男性から見たら、仕事もがんばりながら、プライベートの時間も大切にしているバランス感覚の取れた生き方の方が魅力を感じるでしょう。

包容力があること

男性にも弱音を吐きたい時はあります。そんな時に、聞き上手な女性はやはり大事にされますね。何かをアドバイスする必要はありません。相手が話しやすい環境を作ってあげて、しっかり受けて止めてあげることが大事です。

自分がして欲しいことばかり、相手に要求することばかりではなく、自分が相手に何をしてあげられるのかを考えましょう。

自分に似合ったものを着ていること

若いのと若作りは違います。30代にもなってやたらと肌を露出させる服を着ていたり、流行を追っただけのファッションは浅はかで品がなく見えます。

ブランド品で固めるのも逆効果。それよりは、自分に合った色、デザインの質の良い服を身につけてこそ、大人の女性の魅力が引き立ちます。

大事なのは若く見えるかというよりも、清潔感です。

適切な金銭感覚

まさか30代にもなって「おごってもらって当然」と思っていないでしょうか。相手が、今日はごちそうしたいなと思ってくれていたとしても、割り勘を申し出るのは一つの礼儀です。

高価なもの、ブランドものにお金をつぎ込んでいる印象もよくありません。結婚を考える時にバランスの良い金銭感覚はとても重要です。

ケチだと思われても困りますが、浪費家はもっと困ります。相手に「いい奥さんになるな」と思ってもらえるようなお金の使い方をしたいものです。

おねだりしすぎない

大人の女性なら、自分のものは自分で買う、くらいの気持ちも大事です。たまのおねだりはかわいいと思ってもらえても、いつも相手にねだってばかりではうざがられてしまいます。

むしろ、普段の感謝の気持ちを何か小さなプレゼントで伝える、くらいのことをしたいものです。高価なものを贈る必要はありません。好きなお菓子、お酒などでもいいのです。大事なのは気持ちですから。

男性をさりげなく立てる

男女平等と、何でも男性と同じようにするというのは違います。男性と女性は火星人と金星人くらいに違う生き物なのです。男女の違いをわきまえて、何でも男性と張り合わないことです。

男性は心のどこかで女性に立ててもらいたい、褒めてもらいたいという気持ちがあるものです。それを汲み取って、一緒にいる時は少し控えめに、上手に男性を立てることのできる女性が魅力があると思われます。

自分らしさ、自分の考えを持っていること

相手の話に耳を傾けることは大切ですが、何でも相手にあわせるのでは、自分の考えがないと思われてしまいます。

かといって、自分の知識をひけらかしたり、相手を言い負かそうとしてはいけません。

相手の考えや意見を受け止めつつ、自分の主張もさりげなくできるのが大人の女性です。

ライター紹介

奈南有花アロマテラピーインストラクター&フリーライター

投稿者プロフィール

アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長
2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わり、「消えた年金問題」などで大変忙しい時期を過ごす。その時の経験も活かし、年金・社会保険については「真実」の情報発信をしている。
また肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、多方面の経験を生かした記事を書く「webライター」としても活躍中。
【専門分野】社会保険・年金の仕組み、手続等。アロマテラピー全般。美容・健康・食について

関連記事