ハーブティーでダイエットにおすすめなのはどれ?おすすめ8選

皆さんは普段、どんな飲み物を飲むことが多いでしょうか。

もしダイエットをしているなら、ハーブティーを取り入れてみませんか。

硬水がダイエットに良いと言われますが、私は硬水が苦手で飲めません。

そこで、少しでもダイエット効果のあるハーブティーはないものかと探してみました。

ダイエット効果が期待できるハーブティー8選

では美味しくて続けやすいハーブティーを厳選してご紹介しますね。

ジュニパーベリー

ジュニパーはヒノキ科の針葉樹ですが、スッキリとしたクリアな香りが特徴です。

利尿作用に優れていて、アロマテラピーでもマッサージに使われます。

体がむくみやすい人におすすめです。

ジンジャー

ジンジャーは冷えとり食材の代表格、生姜です。乾燥させたものをお茶として使います。

血行を良くして体を温めたり、消化を促進する働きがあります。

フェンネル

料理にも使われるハーブです。スパイシーな香りの中にも甘さがあり、私も大好きなハーブの一つです。

食前に飲むことで食欲を抑制したり、便秘解消効果も期待できるハーブティーです。

ギムネマ

ギムネマはダイエットティーとしても売られているので、ドラッグストアなどでも見かけることがありますね。

糖分の吸収を抑えるといわれているので、甘いものが好きな方には嬉しいハーブでしょう。

リンデン

リンデンフラワー ハーブティー

リンデンには利尿作用があるので、体のめぐりをよくするのに役立ちます。

優しい香りなので飲みやすいハーブティーの一つです。

マルベリー

マルベリーとは桑の実のことです。

日本では昔から食べられて来ましたよね。

お茶にするには葉っぱを使いますが、糖分の吸収を抑える働きがあります。

ルイボスティー

強力な抗酸化作用をもつルイボスティーはダイエットの強い味方です。

年齢を重ねるに従い活性酸素が増えやすくなり、体が酸化しやすくなります。

そうすると細胞の働きも悪くなって代謝も悪くなってしまいます。

代謝の悪さ=老化ですからね。

この老化を防いでくれるのが、ポリフェノールなどの抗酸化作用のある成分です。

ルイボスティーはポリフェノールが豊富なので、ダイエットはもちろんのこと、美容にの良い働きが期待できるのです。

ローズヒップティー

ローズヒップティーはドックローズの実をお茶として飲みます。

「ビタミンCの爆弾」と呼ばれるほどビタミンCが豊富です。

ビタミンCにも抗酸化作用がありますから、体を若々しく保つ働きが期待できますね。

もう一つ注目したいのは、ローズヒップの食物繊維です。

他のハーブティーと違って、ローズヒップはお茶として飲むだけでなく実まで全部食べたほうがいいんです。

実ごと食べてしまうことで、食物繊維もたっぷり取れる。

お腹の掃除にも役に立つんですね。

その他、自分がリラックスできるもの

その他、自分が好きなハーブティー、香りが良くてリラックスできるハーブティーを選んでもO Kです。

ストレスが溜まっていたり、緊張していたりすると自律神経の交感神経が優位になってしまいます。

そうすると抹消血管が収縮して血行が悪くなるなど、ダイエットには良くない体になってしまうんですね。

ストレスって心に悪いだけでなく、ダイエットにも良くないんです。

そこで、優しいハーブの香りでリラックスできるようになると、今度は自律神経の副交感神経が優位になります。

体も緩んで消化が促進され、血行もよくなってくるでしょう。

  • カモミール
  • オレンジフラワー
  • ローズ

など、香りの良いハーブティーを飲んで見てください。

ハーブティーのダイエット効果とは

ハーブティーは薬ではないですし、ダイエット用のお茶でもないので、あくまでも「期待できる効果」として読んでください。

なぜハーブティーにダイエット効果が期待できるのか、それは、

  • ビタミン
  • ミネラル
  • ポリフェノール

などが含まれているので、

  • 代謝を良くする
  • 身体の酸化を防ぐ
  • 消化を促進する
  • 体を温める

などができるからです。

もちろん暴飲暴食をしながらハーブティーを飲んでも痩せませんが、食事に気をつけて適度な運動をしながらハーブティーを取り入れれば、ダイエットをサポートしてくれるでしょう。

リバウンドしにくい

ダイエットで一番怖いのはリバウンドですね。

特に30代以降は太りやすく痩せにくい体になっていくので、リバウンドだけは避けたいもの。

しかし、極端な食事制限などをしてしまうと、リバウンドしやすくなります。

ハーブティーダイエットは効果が出るまでに時間がかかるものの、じっくりと痩せていくのでリバウンドしにくいです。

効果を高めるハーブティーの取り入れ方

ダイエットのために飲むなら、ハーブティーはアイスよりホットがいいですね。

熱いのが苦手なら、せめて常温で飲みましょう。

せっかく栄養のあるものをとっても体が冷えてしまうと痩せにくくなります。

毎日少しずつ続けること

ハーブティーに出ている栄養素は水溶性のものが多いので、体内にとどめておくことができません。

ですから、なるべく毎日飲むことが大切です。

たまに思い立った時だけ大量にハーブティーを飲んでも痩せないので、毎日少しずつ続けたいですね。

食後や寝る前にハーブティーを飲むなどして、タイミングを決めておくといいでしょう。

時間をかけること

ハーブティーでダイエットする方法は、短期間で劇的に痩せる方法ではありません。

代謝を良くして徐々に太りにくい体を作っていく方法なので、少なくとも3ヶ月〜半年くらいは地道に続けることが大切です。

自分に合ったハーブティーを見つけて続けてみよう

特別なことをするでもなく、ただ飲むだけで痩せやすい体を作るサポートをしてくれるハーブティー。

つらい食事制限やきつい運動が苦手という人にはとてもオススメのダイエット法だと思います。

時間はかかりますがその分楽チンなので、ぜひ自分好みのハーブティーを見つけて続けてみてください。

ライター紹介

奈南有花アロマテラピーインストラクター&フリーライター

投稿者プロフィール

アロマセラピストスクールメディカルアロマ講師兼副学長
2012年まで社会保険庁(日本年金機構)にて年金関連業務に携わり、「消えた年金問題」などで大変忙しい時期を過ごす。その時の経験も活かし、年金・社会保険については「真実」の情報発信をしている。
また肌の弱かった長女のために様々な自然療法を試すうちにアロマテラピーにたどり着き、独学で勉強を始め、2010年にはアロマ環境協会のアロマテラピーインストラクターの資格を取得する。 現在、多方面の経験を生かした記事を書く「webライター」としても活躍中。
【専門分野】社会保険・年金の仕組み、手続等。アロマテラピー全般。美容・健康・食について

関連記事