一人暮らしの女性は不意の訪問者に気をつけて!安全に対処するための5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の一人暮らしで怖いのは突然やってくる訪問者です。最近では新聞の勧誘などはだいぶ減りましたが、悪質な訪問販売もありますし、NHKの集金を装った詐欺などもあるそうです。

アポなしでやってきた訪問者に対して、どのように対応すればいいのか、一人暮らしの女性が身の安全を守るための対処法についてお話ししたいと思います。

不意の訪問者への安全な5つの対処法

オートロックのマンションだからセキュリティは大丈夫、なんて安心してはいけません。オートロックでも住民が帰ってくるのを待ち、一緒に建物に入り込むケースもあるからです。

1.インターフォンで必ず確認する

まずは、安易にドアを開けないことです。水道局や消防署など、公共機関を名乗って訪問してくる場合もありますが、本物かどうかは分かりません。

もしも出る場合は、必ずインターフォンで用件を聞きましょう。

2.モゴモゴ言っていたら無視

わざと聞き取りにくいようにモゴモゴ喋り、ドアを開けさせようとする手口があります。

もし聞こえにくければ、「良く聞こえないのでお引き取りください」といって、インターフォンを切ってしまいましょう。あとはピンポンされても出ないことです。

3.ドアにはチェーンをかけておく

必要性を感じてドアを開ける場合でも、チェーンは必ずかけておきましょう。そうすれば、万が一相手が不審者だったとしても、簡単には入ってこれないからです。

4.居留守を使う

人が来る予定がなかったのに誰かが訪問してきた、という時には居留守が一番です。訪問販売くらいならまだしも、犯罪者である可能性もあるからです。

居留守がばれていても気にしないことです。何度チャイムを鳴らされても出ない。それを徹底しましょう。

5.訪問販売の断り方

うっかりドアを開けたらしつこい訪問販売だった。気の優しい人は、断るのも一苦労ですよね。

しかし、相手はプロです。断られたくらいで心が折れることはありません。イヤなものはイヤだときっぱり断る姿勢が必要です。

本当はドアを絶対に開けて欲しくないのですが、万が一開けてしまった場合は「いりません」「買いません」という言葉をはっきりと言って撃退しましょう。

特定商取引法によって、消費者が「いらない」という意思表示をしたら、そのまま勧誘し続けてはいけないという規定があるからです。

消費者が契約締結の意思がないことを示したときには、その訪問時においてそのまま勧誘を継続すること、その後改めて勧誘することが禁止されています。

引用元:「特定商取引法ガイド」

こんな訪問者には気をつけて!

突然やってくるのは犯罪者だけではありませんが、しつこい営業などをされても迷惑です。こんな訪問者には気をつけてください。

覚えのない宅配便

宅配便は出来るだけ日時指定をしておくか、小さいものならコンビニなどで直接受け取るようにしましょう。

そうすれば、不意の宅配便がやってくることはありません。宅配業者を装ってくる犯罪者は多いので、本当に注意してください。

もし宅配便だというなら、ドアを開ける前に品物と送り主を確認しましょう。そうすれば、注文したのにうっかり忘れていたものかどうか分かると思います。

突然のガス、電気の点検

ガスや電気の点検は、必ず事前に訪問日の連絡が来ます。文書もしくは電話で日時を確認してから来るので、ある日突然やってくることはありません。

「電気のメーターの点検です」といわれても、覚えがないならドアを開けてはいけません。

家族には訪問時間を連絡してもらう

家族や友人が訪ねてくることもあると思いますが、その際は必ず訪問時間を連絡してもらいましょう。

もしくは、家の前についた時にそこから電話をしてもらえば、開けても大丈夫だと分かりやすいですね。

女性の一人暮らしは居留守が基本!

女性の一人暮らしは、大げさだと思えるくらいに用心することが大事です。犯罪に巻き込まれてしまってからでは遅いので、常に防犯の意識を持って、不意の訪問者には注意するようにしてください。

日頃から近所の人と挨拶を交わすくらいのおつきあいも必要ですね。近所付き合いが盛んなところは泥棒にも入られにくいので、不審者が近づきにくくなるからです。

いずれにしても、覚えのない訪問者に対しては居留守が基本。身の安全を守るためにも、対応しない、という姿勢を貫いて下さい。

ライター紹介

用賀不動産 株式会社ライズ・エステート

投稿者プロフィール

用賀周辺の事ならお任せください 。用賀を中心に永年従事したスタッフが、地元ならではのお宝物件や街の事などもアドバイスいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

Twitterで「おいでよわが街」をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 部屋 匂い おすすめ アロマ
北海道 東北 首都圏 甲信越 東海 北陸 近畿 中国 四国 九州 沖縄

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS
ページ上部へ戻る